「ばっかり食べ」を防ぐ

 幼児期は、いろいろな食べ物を様々な調理法で味わい、食の経験を増やしたい時期です。
「〇〇なら食べるから」という安心感から、子どもが好きなもの、食べなれたものばかりを与えていると、「ばっかり食べ」はなかなか改善されません。

 一度出したものを食べなくても、「〇〇は食べないのね」と決めつけず、「前回はしょうゆ味だったけれど今回はみそ味にする」「前回は煮たけれど今回は焼く」など、味付けや調理法を変えて食卓に出し、焦らず根気よく、食べる経験の”間口”を広げていきたいものです。

 また、人間には、「初めて食べる食べ物に対して警戒する」という行動様式が備わっていて、その恐怖心から食わず嫌いになることもあります。

 初めてのものを食べさせるときは、「これ食べるかしら?」と不安げに子どもの様子を見るのではなく、「おいしいね!」と親が自ら楽しい雰囲気で食べることで、子どもも安心して食べるようになります

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

shotokuenawara1

Author:shotokuenawara1
社会福祉法人聖徳園が運営する芦原地区事業所の行事や日々の出来事をブログにてお知らせします。

聖徳園採用サイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

掲載画像に関して

写真の掲載にあたりまして万が一掲載に問題がありましたら上のフォーム、または直接電話でお申し出下さい。 確認の上即刻削除いたします。 また、当ブログ内に掲載されている画像の転載はどのような場合においてもご遠慮下さいますようお願い致します。

検索フォーム