ヘレン・ケラーとアン・サリバン

(ヘレン・ケラーの人生と 家庭教師 アン・サリバン)
  ヘレン・ケラーはアメリカ南部のアラバマ州タスカンビアに生まれる。生後19ヶ月の時、ヘレンは高熱を伴う髄膜炎に罹患する。一命は取り留めたものの、「聴力と視力を失い、話すこともできなくい」という障害を持っていたために、他人と意思疎通をするのはとても困難だった。ヘレンは両親からしつけを受けることもできなくなり、わがままに育ってしまう。
 
 ヘレンが6歳の時、家庭教師としてパーキンス盲学校を優秀な成績で卒業した当時、20歳のアン・サリバンが派遣される。
 サリバンは幼少のころ、弱視であった自分の経験を生かし、ヘレンに指文字、言葉を教え、しつけをしていく。サリバンは何度も心が折れそうになるが、あきらめずにヘレンとコミュニケーションを続けた。どんなに暴れても拒否されても、献身的に向き合っていく。そして、ヘレンは話せるようになる。サリバンはその後、約50年間、良き教師、良き友人としてヘレンを支えていく。ヘレンはその後、教育家、社会福祉活動家、著作家として活躍し、素晴らしい本を書き、87歳で生涯を閉じている。死後、日本政府から勲一等瑞宝章が贈られた。

(ヘレン・ケラーの名言)をいくつかご紹介します。
1.世界で最も素晴らしく、最も美しいものは、目で見たり手で触れたりすることはできません。それは心で感じなければならないのです。
2.世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことにも満ち溢れています。
3.うつむいていてはいけない。いつも頭を高くあげていなさい。世の中を真っ正面から見つめなさい。
4.はじめはとても難しいことも、続けていれば簡単になります。
5.もしもこの世が喜びばかりなら、人は決して勇気と忍耐を学ばないでしょう。
6.盲目であることは悲しいことです。けれど、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです。
7.人の苦しみをやわらげてあげられる限り、生きている意味はある。
 

 
スポンサーサイト



自分を客観的に見よう

 人によって物事の見方には癖があり、どんな人もこれまでの人生で作られてきた色眼鏡で世界を見ていると言えるでしょう。そのため、自分の周囲の世界を客観的に見るということはとても難しいことです。色眼鏡で見ることで人によって楽しみが異なったり、人によって夢中になれるものが異なったり、人生を豊かにもしてくれるでしょう。
 しかし、物事の見方や周囲の見方の偏りが大きかったり極端であると、判断も間違えるということも生じてきますので、やはり物事を客観的に冷静に見れるようにしていくことも大切です。

 自分についても同じで、自分を客観的に見るということはもっと難しいことかもしれません。自分についてネガティブに見過ぎると、気分が落ち込み過ぎたり、ポジティブに見過ぎると、気分が上がり過ぎたりもすることでしょう。
 
 自分の人生が上手く行くように、(失敗も大事でどんどん失敗して上手になると思いますが)、できるだけ失敗をしないようにするためには、自分のことを落ち着いて、冷静に見つめたり、自分のことを客観的に見る力を育んでいけるとよいのではないでしょうか。 

園バスに乗ってあわら消防署へ行ってきました

りす組です

初めて園バスに乗る子どもたち

ドキドキで泣いちゃう子もいましたが、手を繋いで歌を歌うと

いつの間にかにっこり笑顔になって出発しました

りす組 園バスに乗って1
りす組 園バスに乗って2

目的地のあわら消防署に到着し、消防署の近くへ坂道を降りると

りす組 園バスに乗って3

大きな大きな消防車や救急車がいっぱい

りす組 園バスに乗って4

みんなで見上げていると、ちょうど見回りから帰ってきた消救車から消防士さんが降りてきて、
目が釘付けの子どもたちでした

りす組 園バスに乗って5

ひよこ組🍓5月の制作


ひよこ組です🐣💗

5月の制作では、シール貼りをしました🍓

シールが登場すると、みんなにっこり



手に渡すと、貼ろうと一生懸命シールを追いかけていましたよ


ひよこ組 5月の制作


真剣な表情ですね



ぺったん❣できるかな~


ひよこ組 5月の制作2


集中して何枚も上手に貼ってくれました💖



ひよこ組 5月の制作3



とってもかわいいイチゴが完成しましたよ🍓🥰

コロナワクチン接種

こんにちはグループホームです

本日はコロナワクチン接種2回目です。

フロアに集まって頂き、みんな揃って予防接種を行いました。

「何が始まるんや?」「何の注射や?」

皆さん不安気な表情です。

しかし、注射はアッという間でした。

IMG_7150.jpgIMG_7148.jpg

2回目の方が副反応が強く出やすいとの事。

先生に対応を聞いて利用者さんに何事もない事を祈ります。

コロナが1日も早く終息してみんなで外出できる日を楽しみにしています。

遠足ごっこ🚌

うさぎ組です!
もうすぐ小遠足があり、松島水族館へ行くことを楽しみにしている子どもたち♪

水族館の本や魚の写真などを見て、「僕はマンボウ見るー!」「カエル見る!」と張り切っていますよ✨

そんなうさぎ組さん…🐰
園庭で遊んだ日の出来事です。
園庭にあるアスレチックでAちゃんが乗り物に見立てて遊んでいたため、「何乗ってるの?電車?バス?」と質問すると、「バス!」と一言!
続いて「いいね~!どこ行く?」と聞くと、「水族館🐡」と嬉しそうに話していました🎵
そこで、保育者がバスごっこの歌を歌っていると、それを見たIくんが「僕も乗りたい!」とやってきました☆

2人がバスに乗っていると…
KくんやNちゃんも集まってきて、仲よく乗車~🚌

うさぎ組 遠足ごっこ

初めての小遠足、楽しみだね!!

永代経

こんにちはグループホームです

本日5月29日は永代経がありました。

ちょうど、お昼寝の時間と重なってしまいみんなで参加は出来ませんでした💦

しかし、お昼寝をされない利用者さんが居たので職員と一緒に参加。

IMG_7147.jpg

有難いお話も聞けて気持ちが洗われました。

「慈悲深い人になれるよう頑張ろう!」と話しながら園に戻りました。


植え替え完了!

こんにちはグループホームです

前回利用者さんにお手伝いを頂き、花の植え替えを行いました。

他にもゴーヤも植えて頂きました。

根も張ってきて、フロアの出窓に並べましたよ~

IMG_7135 (1)IMG_7134.jpg

美味しいゴーヤチャンプルを食べるのが楽しみです(*^_^*)

不審者訓練

6月に、あわら警察署の協力の元、不審者訓練を予定しています。

例年、日時を指定して計画を立てて実施しているのですが、今回は、職員には、非公表で実施予

定です。

いつどこで仕事をしているかわからない状況のため、自らが当事者になって、シュミレーション

を行いました。

不審者が来た場合、恐怖と焦りで、落ち着いた判断や行動ができなくなる可能性があります。

このような訓練をすることで、いざと言う時に、適格に判断して利用者の安全を守れたら、と

思います。

画用紙をつかって☆

ぺんぎん組です


小さく切った画用紙を自由に使い、好きなものをつくっていました

ぺんぎん組 画用紙1

ぺんぎん組 画用紙2

テープや色鉛筆を使って黙々とつくる子どもたち・・・。
きりん組やぱんだ組の様子にも興味をもち、真似をして作り方を教えてもらう子もいました

ぺんぎん組 画用紙4

ぺんぎん組 画用紙3

もし何か制作したものを持ち帰ったら、お家でも子どもたちとお話してみてくださいね


プロフィール

shotokuenawara1

Author:shotokuenawara1
社会福祉法人聖徳園が運営する芦原地区事業所の行事や日々の出来事をブログにてお知らせします。

聖徳園採用サイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

掲載画像に関して

写真の掲載にあたりまして万が一掲載に問題がありましたら上のフォーム、または直接電話でお申し出下さい。 確認の上即刻削除いたします。 また、当ブログ内に掲載されている画像の転載はどのような場合においてもご遠慮下さいますようお願い致します。

検索フォーム