ちょっぴりお勉強!

ぱんだ組です🐼

4月から数字カレンダーを始めました!
朝の会当番が『今日の数字』を教えてくれますよ😊

ぱんだ 数字②

ぱんだ 数字①

毎日1数字ずつ、頑張っています✐

果たして何まで続くでしょうか…!?
スポンサーサイト



こいのぼりづくり🎏

ぱんだ組です🐼

こいのぼりづくりをしました!

ぱんだこいのぼり①

ぱんだこいのぼり➂

ぱんだこいのぼり②

ハサミや折り紙、棒づくりなど様々なことにチャレンジして完成させました🎏☆

ひよこ組☆4月の製作


ひよこ組です

4月の制作で、足形をしました


ひよこ組 制作2


ひよこ組 制作3


「なんだろう?」とスタンプの感触に不思議そうしながら、
嫌がることなく足形をとらせてくれましたよ


そして、足形はいもむしに…

ひよこ組 制作


まだ小さい足形がとてもかわいいですね

私にしかできない経験・体験

 ドイツの思想家 レッシングは「自分の経験は、どんなに小さくても、百万の他人のした経験よりも価値のある財産である」と言いました。
 ファーブル昆虫記で有名なアンリ・ファーブルは元々教師でしたが、忙しい教師生活の合間を縫って、昆虫や植物の標本をコレクションしていました。その後、55歳から91歳まで、大自然の中で自分の目で観察したものを元に、「ファーブル昆虫記」を完成させました。
 本当の知識を得るためには、自分の目で見たり、耳で聴いたり、私の五感を通して私の全身で体験したり経験することはとても大切なことです。私の経験や体験は私にしかできない尊いものですが、他人の経験もその人にしかできない尊い経験や体験であり、他の人が書いた本を読んだり、他の人の話を聴いて、他の人の経験を知ることも、私の知識や私の世界を豊かにし、広げてくれることでしょう。
 今は新型コロナウィルスの影響で、直接、人と会うことにも制限がかかり、外出の機会も制限があり、現実世界で経験したり体験する機会が激減しています。そういう時だからこそ、電話で話す時には声に気持ちを乗せて表情が伝わるようにしてみたり、マスクを付けての会話やオンラインでパソコン越しの会話だからこそ、普段より表情を豊かにしたり、笑顔をいつも以上に増やしてみたりと、表情や表現に工夫ができるかもしれません。コロナ渦でそういうことを意識してしているうちに、自然と笑顔が増えたり、表現力がアップしているかもしれませんね。
                      参考文献:「人生はニャンとかなる!」文響社

新型コロナの時代を生きる

 東京、京都府、大阪府、兵庫県では日本政府から緊急事態宣言が5月11日まで発令され、福井県では県独自の緊急事態宣言が5月13日まで発令されました。
 現在、高齢者のワクチン接種のための予約が始まっており、ワクチンの力を借りて、新型コロナウィルスから人体を守る方法を取ろうとしています。
 ゴールデンウィークに緊急事態宣言が出ていることで、人が外出することは激減するでしょう。そのことで経済的打撃は深刻で、経済的に一層追い詰められ、絶望する人も増大するでしょう。しかし、人命を守るための苦渋の選択であり、重い決断なのでしょう。
 ゴールデンウィークに外出の機会が減ると、家の中でゆっくり過ごすことで休養したり、家の中でできる楽しみを見つけたり(庭に花を植えたり、新しい本を手にしたり、テレビを見たり)、家の片付けや掃除をして、静かに過ごす人も多いでしょう。家の中でホットプレートを使ってバーベキューやパーティ風にしてみたり、家の庭や駐車場でバーベキューをしたり、戸外の風通しの良い場所で家族でバーベキューをしたり、身体を動かすのもよいでしょう。
 行動が制限されることで、家の中で新しい発見があったり、自分の内面に向き合う時間が増えたりします。ゴールデンウィーク明けには新しい自分が待っているかもしれません。ゴールデンウィーク期間はあなた自身や家族との時間を大切にして、あなたのゴールデンタイムになるよう、ゆっくりとお過ごしていただければと思います。

ささいなことですぐに泣いてしまう子

 子どもが泣くと「早く泣き止ませなきゃ」と焦ったり、受け止めるゆとりがなかったりして、つい「そんなことぐらいで泣かないで」などと言いたくなります。

 でも、自分の気持ちやニーズを言葉で表現する力がまだ身に付いていない幼児期は、”びっくりした、嫌だった、怖かった”という感情を、泣くことででも、しっかり解放させたほうがいいのです。
 それらの感情が解放されずに閉じ込められたままだと、心の中にはその時の感情や感覚などが、トラウマ記憶として残ってしまうことがあります

 少し落ち着いたときにでも、「びっくりしたね、嫌だったね、怖かったね」などと、子どもの気持ちをやさしく受け止めてあげることが大事です。

 子どもが人前で泣くことにお母さん(お父さん)が動揺してしまうのであれば、「今度泣いたときは、ママ(パパ)がちゃんとよしよしするから、人のいないところに一緒に行って泣こうね」と声かけしておくと、心の準備ができますよ

子どもの食が細い、あまり食べない

 栄養バランスを考えて一生懸命作っているのに、食べる量が少なく、残す量が多かったりすると、栄養不足になったりしないか…などと心配になりますよね

 幼児期の食べる、食べないは個人差がとても大きいため、あまり食べないのは、「もともと食が細い体質だから」ということも考えられます。また、おやつの時間に沢山食べ過ぎてしまうと食事の時間に空腹にならず、食事が進まないことも。
「今日のごはんには苦手な食べ物が多い」「今、食べる気分ではない」など、”その時の気分”であまり食べないこともあります。


〇食べることを無理強いするのはNG。子どものペースを守って食事を与えましょう
 食が細く、他の子より小さかったり、平均身長や体重に満たなかったりすると、健康面に不安をもってしまいます。しかし、この時期に注目してほしいのは、その子なりのペースで成長しているかということ。

 小柄でも、やせていても、母子健康手帳に記載されている「幼児身体発育曲線」のカーブに沿って身長が伸び、体重が増えていて元気であれば、あまり心配する必要はないことがほとんどです。親から見て「食が細い」と思っても、その子にとってはその量が適量で、バランスがとれていると考えてよいでしょう

 「たくさん食べて大きくなってほしい」という思いはよくわかりますが、無理にたべさせたり、子どもが食べ残したご飯を見て悲しい顔をしたりすると、子どもによっては「お母さんの期待にそえない自分は悪い子」と、自分を責めてしまう場合もあります。食が細いのはその子の”個性”ととらえ、長い目で見守っていくことも大切です


ゴールデンウィークに突入

本日からゴールデンウィークに入りました。
あいにくの雨です。

利用者の方は、みなさんステイホームです。
雨の影響でしょうか。コロナの影響でしょうか。
施設内はとても静かです。


ゴールデンウィークの前半は天気はよくないようですが、
近くの公園でもいいので、おもいっきり空気を吸って、体を動かしたいです。

学校生活が始まり1か月

新学期が始まり1か月が経とうとしています。
先日、小学校の家庭訪問がありました。
新しい先生です。

中学生の児童は、色々な部活を体験して、吹奏楽部に入ることを決めたと話がありました。
自転車通学もはや1か月。最初は鞄も重く、坂道も辛いようでしたが、少しづつ慣れて来たようです。
このまま順調に登校できたらいいなと思います。

芦原まつり

今日は、芦原まつりの日です。
明治16年、温泉が発見されて以降、伝統的な祭りで、例年であれば、山車や神輿が温泉街を練り歩き、メインストリートに出店が並びます。

しかし、昨年に引き続き、コロナの影響で、神事と、山車は展示のみの寂しい祭りになりました。
今年こそは、と思いましたが残念です。
早く、掛け声やお囃子の音が聞こえるお祭りが戻ってきてほしいものです。

プロフィール

shotokuenawara1

Author:shotokuenawara1
社会福祉法人聖徳園が運営する芦原地区事業所の行事や日々の出来事をブログにてお知らせします。

聖徳園採用サイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

掲載画像に関して

写真の掲載にあたりまして万が一掲載に問題がありましたら上のフォーム、または直接電話でお申し出下さい。 確認の上即刻削除いたします。 また、当ブログ内に掲載されている画像の転載はどのような場合においてもご遠慮下さいますようお願い致します。

検索フォーム